今、小型風力発電には強烈な追い風が吹いています!
スマートブルーは太陽光を補完する風力発電を提案します。

世界全体では再生可能エネルギーとしては、風力発電は太陽光発電を大きく上回っています。
風力発電とは風の力を利用して風車を回転させ、その回転運動を電気エネルギーに変換させる発電システムです。
風車には風の方向にプロペラを向ける水平軸型と、風の方向に左右されない垂直軸型があります。

スマートブルーは、低速風でも発電を開始する垂直軸型を提案します。
太陽光発電には不向きな海岸線等、風況の良い立地であれば十分な採算が見込まれます。

垂直軸型風力発電機 20kW

圧倒的なパフォーマンスを実現した売電専用モデル

風速6m/sec 時点で、発電効率25%という高効率な発電量を実現した売電専用モデルです。 全高約38.5mの製品は、風速3.0 m/secの低風速域から発電開始するため、上空約38.5m地点では常時発電が可能です。また、風況の良い場所を選定して設置することで、より多くの売電収益を見込むことが期待されます。

垂直軸型風力発電機 5kW
平均風速6m/s時の年間想定発電量

製品仕様

風力発電 起動風速 2.5m/s
発電開始風速 3.0m/s
定格出力風速 11.0m/s
設計耐風速 瞬間最大風速 60.0m/s
発電機 定型出力 5000W×4台
外形寸法 ブレード 長さ:12m 直径:10m 枚数:6枚
支柱 高さ:約30m
全高さ   約38.5m
※仕様内容は、改良のため予告なく変更することがあります。

垂直軸型風力発電機 5kW

小さなスペースで高効率発電

『小さなスペースで高効率発電』をコンセプトとしており、こだわり続けるデザイン性や360 度方向の風でも効率よく発電する機能性を兼ね備えた製品です。また、高架下や道路の法面部分などデッドスペースとされる場所への設置ができるため、非常用電源や夜間照明への活用方法が広がります。

垂直軸型風力発電機 5kW
災害時の非常電源としての有効活用/FEMS導入により、電力使用量の可視化を実現

製品仕様

風力発電 起動風速 2.5m/s
発電開始風速 3.0m/s
定格出力風速 12.0m/s
設計耐風速 瞬間最大風速 60.0m/s
発電機 定型出力 5000W
外形寸法 ハイブリットタイプ 風力発電+太陽光発電
AC外部出力 AC1000V単相 50/60Hz正弦波
太陽光パネル 最大入力電力:1kW
外形寸法 ブレード 長さ:4.0m(2.0m×3段) 直径:4.0m 枚数:9枚
支柱 高さ:約5.4m(標準)
全高さ   約8.7m
概算総重量   約2.0t
※仕様内容は、改良のため予告なく変更することがあります。

WINPRO 垂直型ブレードについて

WINPRO 垂直型ブレードは、風況の変化に応じて方向を変える必要がないので、風向が定まらない日本の風況に適しています。

徹底した空力特性の追求による翼型とブレード構成の最適化で、風速の速い風況時はもちろん、発生頻度の高い微風時から従来に比べ大きな回転力を生み出します。WINPROでは独自の翼素理論に基づいた『ブレード出力予測システム』の開発、実験や熱流体解析(Computational Fluid Dynamics、略称: CFD)による理論検証を付加することで、業界最高水準の計算精度を有した出力予測システムを構築しました。 この出力予測システムを用い、WINPRO 風車の商品カテゴリー毎に徹底的なシミュレーションを重ね、さまざまな風況において高い発電量を実現する翼型およびブレード構成を実現しています。

風力発電はお任せください。

風力発電は太陽光のように日中の天候に左右されず、昼夜を問わず、天候にも左右されにくく、日本では夏季より冬季の方が発電量が多いという太陽光とは逆の発電結果が出ています。その為、同じ発電容量の設備でも風況の良い立地であれば太陽光発電に比べ倍近い発電量が期待できます。

スマートブルーは、ヨーロッパや中国のように広くて平坦な強風の吹く土地が少ない日本の国土に合った、低速風でも発電を開始する垂直軸型を提案します。産業用太陽光発電の売電単価が27円Kwhにまで下がった今、発電量が20Kwh以下の小型風力発電は55円kwhというプレミアムな売電単価で20年間買取ってもらうことが出来ます。

風況の良い立地であれば十分な採算が見込まれます。候補地がおありでしたら一度御相談下さい。
(c)2015- SMART BLUE Co.,LTD.